日本商工リサーチを分かりやすく解説

日本商工リサーチという企業名を耳にしたことはありませんか?もし貴方が事業を手掛けているとしたら、日本商工リサーチは頼りになるパートナーとして経営をサポートしてくれます。

日本商工リサーチは頼れる信用調査会社

日本商工リサーチの主要な業務は企業信用調査です。大阪府大阪市北区に本社があり、東京都中央区と愛知県名古屋市昭和区にそれぞれ関東支社と名古屋支社があります。企業調査を行う業者は全国に多数存在しますが、その中でも日本商工リサーチは大変細かい所まで綿密に調査する丁寧な仕事ぶりで知られており、九州から北海道まで手広いネットワークを有する調査会社です。調査対象企業の事業内容や財務状況を精査し、業界内での地位や企業の将来性の他に経営者個人に対する評価も行います。経営者の氏名や生年月日を始めとして家族構成、職歴や学歴、趣味に至るまで調べ上げてくれるのです。またその企業の従業員の人数や平均給与といった労務状況、仕入れ・販売状況、不動産関連の明細、銀行との取引状況や固定預金及び長期・短期の借入金などといった金融状況も報告してくれます。信用調査は企業間の取引には不可欠です。情報の量が多ければ多いほど取引先の状況を具体的に把握しやすくなるからです。

企業信用調査の必要性について

日本商工リサーチに企業信用調査を申し込むと、取引相手の企業や経営者が信用に足る存在かどうか調べて報告してくれます。具体的なケースを挙げると、貴方が会社を経営しているとして商品の取引をした際に相手の会社がその代金をキチンと支払ってくれるかどうか安心を得ておきたくなる時があるかと思います。取引相手の財務内容を金融機関などから入手できれば良いのですが、それはなかなか難しいのが実状です。そのような時に日本商工リサーチは頼りになります。依頼すれば、取引相手の事業内容や財務状況をレポートに纏めて報告してくれます。事業者間の取引におけるリスクを軽減し失敗を避けるためには、第3者からの視点が重要なのです。支払い能力が不足している相手と安易に取引してしまうと売掛債権の回収などに困難が生じてしまい、事業の経営に障りとなってしまいます。経営の危機を事前に回避しようとするなら企業信用調査は必須です。現在、企業間の遣り取りにおいて企業信用調査は取引をスムーズに進めるための重要なファクターとなっています。そのため事業を行っている方に日本商工リサーチから調査の申し込みや取材依頼があるかもしれません。企業を個人に例えるなら、それは婚約や結婚における結婚相談所のプロフィール登録のようなものです。男女ともにプロフィールを参考にしながら、お付き合いしたい相手を決めたり交際を継続するかどうか判断することと思います。付き合い相手の個人情報を全く知らずに交際することはありえません。企業間の取引も同じことです。

日本商工リサーチマンが教えてくれる危ない会社のチェックポイント

日本商工リサーチは、企業の信用調査以外にも市場調査や経営コンサルティング業も請け負っています。販売計画や販売促進のための調査、新商品開発にともなう調査の他に経営や会計処理、法律関連の相談などにも乗ってくれます。専門知識を有し、数多の企業相手に経験を積み重ねてきた日本商工リサーチマンは企業を見る目も肥えています。そんな日本商工リサーチマンが教えてくれる取引相手として警戒しなければならない事業者の特徴は以下の通りです。全体的なポイントとしては「経営にワンマンの傾向が過剰に見られる」「倒産した過去がある」「本業以外への投資が目立つ」「調査機関や金融機関への照会が多い」「主要な取引先が短期間に頻繁に変わっている」「社名の変更や所在地の移転を複数回行っている」「使用している事務所内部が不潔で汚れている」「人材の出入りが多く、社員の退社が目立つ」「担当者が不在であるケースが多い」などが挙げられます。財務資金面では「3期以上連続して赤字の決算となっている」「借入金が月商の3倍以上となっている」「使途不明金や交際費の支出が目立つ」「手形が市中の金融機関の間で出回っている」「小口の支払いを手形で行っている」「売掛金の回収サイトが短期化する一方、支払いサイトが長期化してしまっている」などといった点をチェックすると良いでしょう。また取引関連や商品及び技術開発のチェックポイントには「商品へのクレームが多い」「商品構成に統一感が無くバラバラである」「安売りをし過ぎている」「類似の商品が市中に多く出回っている」「在庫の増減が極端である」「設備投資が過剰である」「流通ルートに不審な点が見受けられる」「納品の期限がいい加減である」などがあります。これらの点を考慮して取引相手の信用度に疑問符が付くようなら、日本商工リサーチに調査を依頼するようにしましょう。また特に疑問に思うことも無く日本商工リサーチに報告を頼んだ結果、数々の危険ポイントが取引相手に見付かり危機を回避できたケースもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 担当者にとって会社の業務で行き詰まったり、サポートがほしいと思ったときに専門家が近くにいたらありがた…
  2. 秀光ビルドは建築現場の見える化を実現しています。秀光ビルドは住宅づくりに責任をもっています。そのため…
  3. ネイルサロンに行きたいと思っていても、はじめて行く人にとって敷居が高いようなケースもあるでしょう。N…
ページ上部へ戻る