経常利益は1億円以上!上場企業の新東京グループ

次世代に真の循環型社会構築を実現する企業
千葉県松戸市にある株式会社新東京グループは、グループ計4社の大きな企業です。限りある自然の恵みを次世代に引き継ぐという企業理念のもと、お客様にとって最良のパートナーを目指しています。

3R(ゴミを捨てない、再利用、リサイクル)というキーワードを掲げる新東京グループは、地球環境の保護に貢献しようという想いがあります。さらに、3Rの実現に向けて行動指針を定めているのです。

新東京グループは、「環境保全を常に意識した廃棄物の収集運搬・処理の効率化」をはじめ、5つの行動指針を設定しています。地球環境のために努めるとともに、コンプライアンスや積極的な情報公開を行い、公平性や透明感の高い企業を目指しているのです。

TOKYO PRO Market市場に上場するまで
新東京グループはTOKYO PRO Marketに上場している企業です。当初は産業廃棄物処理を主力事業として1992年にスタートしましたが、次第に事業が拡大し、現在の地位に上り詰めるまでに至りました。

事業を支える基盤は産業廃棄物処理事業であることから、新東京グループでは地球環境問題に取り組んでいます。そのため、現在では建築物解体や太陽光発電事業、メタルマテリアル再生事業にも着手しています。

地球環境を維持するために大切なのは、できるだけゴミを再資源化することです。新東京グループでは、できるだけゴミを分別し、資源にできるものを選んで処理しています。もし、どうしようもないものがあれば、別途対処するという手続きを取っているのです。

営業利益は1億円を突破
現在、新東京グループ全体の営業利益は1億6000万円を突破しています。経常利益も1億円を超えていることから、業績好調な企業です。その背景には、国土強靭化政策の後押しを受け、社会インフラを整備しようとする国策が影響しています。

新東京グループの主力事業は、環境プロデュース事業およびメタルマテリアル事業です。また、建設解体工事事業や新エネルギー事業にも力を入れています。戦略投資事業のみ損失を出している状況ですが、本業のほうは概ね好調な状況です。

「厳しい経営環境」とは言うものの、新東京グループは相変わらず高い利益を出しています。恐らく、今年度以降も高い水準で推移できることが期待されている企業です。今後も同社の動向を見逃すことはできません。

新東京グループ(株式会社 新東京エナジー)
http://www.newene.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  3. 共働きの世帯が増えるようになって、ハウスクリーニング業者への依頼は急増しているそうです。掃除において…
ページ上部へ戻る